38歳で転職した経験談~失敗する転職と失敗しない転職の違いとは~

失敗する転職と失敗しない転職の違い

自分が最後に転職したのは38歳のときです。

なかなかの賭けといえば賭けでした。アラフォーですからね。
そんな自分が思う転職で失敗しないための選び方、というか失敗する転職と失敗しない転職について書いてみようと思います。

失敗する転職|給与だけを見る。給与が上がらないと成功とは思わない事が失敗

給料が上がらない転職は失敗?このパターンが正直1番多いんじゃないかなと思います。

転職をする人というのは、今の会社に何らかの不満があるかキャリアアップをしたいからだと思います。
(不満のほうが多い気がしますがw)

一般的には、転職=給料アップを考えて行動するケースが多いと思います。

働く男性
自分もそうでしたね。お金ほしいですしねw

やっぱり転職するなら給料上がらないと成功とは言えない、給料が下がる転職は失敗だ・・・と。

でも、今の会社に入って思うこと。

正直給料は前職より少し下がりました。でも副業OKの会社なので、そっちで稼ぐことにより奥さんがパートに出た場合を想定したくらいの副業収入は稼いでます。
今の会社を選ぶときに考えたことは、正直給料がメインじゃないです。
上に書いたように足りない給料は副業で稼げば良いと考えました。

それよりも「この会社に自分が入ることにより何ができるだろう」「未来の自分を考えたときに安定した生活をおおこなえるだろうか」と考えました。

働く男性
そう考えて面接をうけたので、給料が下がることについては「うわー、給料下がった。。。失敗だ」とは思いませんでした。

むしろこれからどうやって稼ごうという世の中に対するアンテナを広げる良いきっかけになったと思ってます。

働く男性
もちろんメインの給料が上がることを目標にはしています。

大切なのは、目先の給与提示だけを見るんじゃなくて、その会社にいることで自分が何ができるか、どんなことに貢献して出世できるかという「経営目線」を持つことだと思います。
その経営者目線は、会社の中でも、そして副業でもどんなことをすれば稼げるかという視野を広げる勉強にもなります。

転職の時は優先順位を考えて失敗しない転職をしましょう

転職をする場合は誰でも優先順位があると思います。

殆どは給料が最優先だとは思いますが、給料というのは一番シビアな部分です。
最優先として考えておくのは良いと思いますが、面接に行く前に妥協点や給与以外の優先するべきことを考えておきましょう。

ちなみに今の会社でもう少しで1年になりますが、自分がメインといて考えていたのが

  • 給料
  • 時間

です。
給料については、家族もいるので、上がるに越したことはないですが、それよりも妥協点も予め考えて置きました。
どのくらいまでなら下がっても大丈夫という妥協点を決めておきました。

そしてもう1点の時間。

この会社の求人サイトの説明では残業が殆どない。みんな定時で帰る人が大半だと書いてました。ある意味、これがメインでした。

働く男性
自分にとっては給料よりもこっちが聞きたかったんですよね

自分の仕事はWeb関係の専門職です。Web系というと「残業多い」「給料低い」「ボーナスない」の三拍子がイメージして浮かぶと思います。
実際今まで経験したところでもそうでした。3つ全部当てはまる最悪な転職もあります(それは後日会社名がわかちゃう人にはわかるくらい具体的に書こうかなと思ってますw)

なので、面接では時間についてはしっかり聞きました。
就業時間に帰れてるのか、月の残業はどのくらいなのかというのは確認しました。

Web業界なので、残業は諦めてましたが、嬉しい誤算で残業が本当にない会社でした。
タイムカードで完璧に管理されているので、サービス残業も一切なし。むりやりタイムカード切らされて、それから仕事再開することもありません。

本当に定時に帰れるWeb会社です。帰るときに外が明るい!電車に人がいる!
入社半年も経ってないのに、成果を出せれば昇給やボーナスもいただきました。

そして優先したフリーの時間ができたことによって副業の時間や家族との時間という今まで作れなかった時間を作ることができました。

働く男性
これも給料を最優先に考えていた場合は決して出会えなかった会社です。

副業でとりあえず求める毎月の金額以上は稼げているので、結果としては時間ができたから他のこともできるようになり、お金が稼げる状態になったのです。

お金だけではなく「その会社で自分が働いたらどんな生活になるかを想像して」

家族との生活

生きていく上でお金は必要ですし、遊ぶお金が全く無いとモチベーションも上がらないというのもわかります。

ですが、そのせいで求人概要で、本当に理想とする「生活」ができる会社を見落としてるかもしれません。


30万円の給料が欲しいなら、その会社で30万円貰えれば時間はどうでもいいのか?

冷静に考えると、毎日残業して月に30万もらえたとしましょう。
それを実際に働いた時間で時給換算してみてください。どれだけ安い時給で働いてるのかがっかりすると思います(自分がそうだった)。

自分は、例えば会社から20万もらえるなら残りの10万は副業で稼ごうという。だから自由な「時間」がほしいというのが結論でした。
そのため、副業で稼いでいる時給は非常に高いです。

あまり具体的に書きませんがw
1日で1時間もパソコンに向かってないで1万円以上副業で稼いだりしています。
それって時給1万円ですよね。

そんな事誰でもできるわけ無いじゃんって思う人もいると思います。
やらないと絶対できません。宝くじと一緒で買わないと絶対に当たりません。でも買えば当たる可能性が1%でも上がります。

自分も最初から10万稼げたわけじゃないです。今までの仕事しながら数千円・数万円と段々とやり方がわかってきて今に至ります。
今でも日々が勉強です。

新しい方法を常に考えながら、休みの日はしっかり遊んでリフレッシュもできてます。
早く帰れるから子どもたちの学校や幼稚園の話を聞きながら晩御飯も一緒に食べれてます。

 

目先のお金だけではなく、自分の【価値】も考えてみましょう。
残業だらけで結果30万円。時給換算したら1000円にもならない。家族の時間も持てないくらい働いての30万。それが自分の【価値】なのか。

新しいできることを考えて実行して、自宅で稼げる方法を見つけて1時間集中して月に10万円稼ぐのか。

 

どっちの自分が良いですか?
というのを転職するならぜひ考えてみてください。

目先の文章や数値だけに騙されないで、その会社で働いた後の生活を考えて!!!




▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ


PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA