30代で3回の転職に成功した!転職を成功させる3つのポイント!

自慢できることではないかもしれませんが、自分は30代で3回転職しています。
昔は転職は20代のうちに。
30代は厳しいよと言われていましたが、今はそんなことありません。

キャリアアップを目指してチャンスがあればどんどん転職活動をしても良いと思います。

ですが、闇雲に転職活動してもうまくいかないと思いますので、転職を行う上で押させておきたいポイントをまとめてみます。

Point1:30代の転職は即戦力になれることが求められる

30代の転職は即戦力を求められる

20代の若い頃と違い30代の転職となれば、管理職に近いポジションです。

中途だろうがなんだろうが若い人を引っ張っていく即戦力+αが求められます。

業務に関する知識、経験、リーダシップを求められます。
これからの成長を期待する20代と、そこは大きく違う点だと思います。

また同じ30代でも30代後半となれば、業務をおこなうだけではなく課題点の指摘や改善の提案などマーケティングやマネジメントに対する意識があるのかというのも重要です。

働く男性
目の前の仕事をこなしていくことをメインとする20代と、30代の転職は全く別なものとして理解しておきましょう。

有利不利という意味ではなく、30代にはそれだけ大きな期待を持たれているということを自覚しないといけないですよということです。

そして、応募するときにかく履歴書や職務経歴書。

職務経歴書が大切になると思いますが、やってきた業務を羅列して書くだけではなく、どのようなプロジェクトでどのような役割を担ってきたのか。

自分の取り組みやその結果、全てのプロジェクトがいきなりうまくいくわけもないので、その時の柔軟的な発送や取り組み。

そのような自分の即戦力として行える範囲を明確に職務経歴書に書くことが必要になります。


断言はできませんが、20代の転職のように行ってきた業務を書くだけの職務経歴書だと30代は通用しない!と思っていたほうが良いです。

自分という人間を余すところなくアピールしましょう。

Point2:転職に過大な期待をいだきすぎないようにする

採用の待遇面に過度な期待はしない

上記のようにマーケティングやマネジメントに対する経験をアピールすることができたなら、当然待遇面も良いだろうと期待しますよね。

働く男性
自分もそうだったので、そう思いたい気持ちもわかります。

よく求人で20~30万みたいな求人があれば、この年齢で採用してもらえたら30に近いだろうと思いたくなる気持ちもわかります。

ですが、企業によっては中途採用の基準はあります。
給与額や賞与・昇給、残業や休日・休暇、社風すべてが転職によって好転すると考えてしまう人も多いと思います。

しかし、全てが今より良くなることはよほど底辺の企業からの転職でない限りまずありません。
自分も転職したときには、やはり給料は中途採用基準というのがあったので、そこは妥協しました。

働く男性
もっと管理職のような実績があれば違ったんでしょうけど、自分の場合はまだマーケティングやマネジメント経験が浅かったためです。

でも、査定や賞与はかならずあるということだったので、それを信じて今の会社に決めました。
(半年も経ってない状態でしたが、昇給・ボーナスもいただきました。昇給ない人もいる中で、貢献できたかなと自分なりには満足しています)

自分を例にしますと時間や社風は大満足ですが、給与の部分が少し下がってしまいましたが、それは副業で稼げばいいやと思ってたので、そこは妥協。
残業がないので、その分自由な時間ができたので、その時間の使い方を考えようという思考に変わりました。

過大な期待を持たないためにも、なんのために転職するのか考えてみましょう。
自分は先日の記事に書いたように手取り10万下げるという条件を突きつけられて、家族のために転職を選びました。

そして休みもないので、家族の時間がまったくない。
やっぱり家族のため、それが自分のためにもなります。

求人情報は星の数ほどあります。
ただ、目先の条件や印象だけの勢いで決めないで、応募したいところがあったらブックマークして1日は寝かせて冷静に考えましょう

この転職は誰のために行うのか、何のために行うのか。
転職が成功すればその問題は解決するのか。

冷静に寝かしてみることは大切です。焦ってもいいことはなにもありませんので、衝動買いはやめましょう。

Point3:給与や待遇の確認は慎重に行きましょう

面接では、当然志望動機や退職理由は聞かれます。

そのときに絶対にやってはいけないポイントが2つあります

キャリアの自慢

今まで培ってきたキャリアで人に誇れるものがあったとしてもそれをアピールしすぎると自慢にしかなりません。

自慢話を聞かされて、気持ちの良い人はあまりいないと思いますので、あくまでも冷静に謙虚にアピールしましょう。
全然自分ダメでしたよと自信なさげに行くもNGです。

前職の批判

どうしようもないブラック企業ならともかく、普通の当たり前の常識として前職をディスるのはNGです。

そんなことをしたら、この会社に入って、ちょっとでも気に食わないことあったら、ネットとかで文句言いそうだなという印象を相手に与えます。

転職会議のような口コミサイトはぜひ登録しておきましょう

転職会議のような口コミサイトはたくさんあります。
そのようなところに簡単に書かれてしまうのではないかと思わせるような印象を与えないようにしましょう

人も企業を選べるという意識を必ず持つ

面接というのは企業が人を見る場でもありますが、それと同時に人も企業を見る場でもあります。

自分が企業を面接してやるくらいのじしんをもつのは大事です。
面接する前に不明点や質問点はポイントとしてしっかり抑えておきます。

そして、話の自然な流れでその不明点を確認しましょう。

「ちょっと聞いていいですか?」

みたいなノリではなく、あくまでも自然の会話で自分のほしい条件を聞き出します。
それが同時にコミュニケーション力のアピールにも繋がります。

特にお金の部分がもっともシビアですので、慎重に丁寧に確認して、公開しない転職活動を行いましょう。




▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ


PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA