未経験からエンジニアに転職するための準備

30代の天職|未経験からのエンジニア

今はディレクター的な業務をメインにしています。

それまではフロントエンドエンジニアとしてコーダーをやっていました。

ですが、始めからコーダーをやっていたわけではなく、別業種からの挑戦でした。
実務経験としてはゼロの状態から挑戦するのはエンジニアになるのは正直大変なことだと思います。

異業種への転職は難しいです。

そこで今回は自分の経験で、未経験からエンジニアに転職するための準備や最低限知っておくべきことを書いてみようと思います。

働く男性
業界に入ってしまえば実務経験つめるけど、経験ゼロというのが最初は大変だった
働く女性
企業も経験者がほしいという気持ちもあるしね

エンジニアに転職するためには

エンジニアと一言で言ってもいろいろな業種があります。

  • フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • アプリ開発

などがあります。

会社によりもっと細かいかもしれませんが、大きく分けると上記になるのではないかと思います。

今回は比較的入りやすい(と思う)フロントエンドエンジニアに的を絞って書いてみようと思います。

HTMLとCSSは最低限マスターしておこう

フロントエンドエンジニアになるためには

フロントエンドエンジニア(コーダー)とは、ホームページの見た目を作るエンジニアです。

デザイナーが用意したレイアウトをHTMLとCSSを使って見た目を表現する仕事です。

最も大切な仕事です。サイトの見た目を作るわけですから。

動きをつけるためにはjQueryなどありますが、最低限HTMLとCSSがわからないと動かすこともできませんので、HTMLとCSSは必須と言えます。

未経験からコーダーとして働くためにNGな勉強方法とオススメの勉強方法を書いてみます。

NGな勉強方法

まずはNGな勉強方法から書いてみます。

本を丸暗記。自分もコーダーだからよくわかります。これはNGです。

本の知識をプラスアルファで得るのは全然良いのですが、最初から最後まで本だけで勉強するのはおすすめしません。

なぜか?

自分のオリジナリティがまったくない・柔軟性のあるコードが書けないからです。

本の通りのコードならかけるけど、少しひねられたらもう書けません、もっとシンプルにしてと言われても本に書いてないからできません。

わからない情報があったときもググれない、ググり方もわからない。

このような状態が最もNGです。
どんなデザインが出てくるかわかりませんから、柔軟性のあるコードが書けないといけません。

わからない時には調べればよいですが、調べるスピードも大切です。

本を真似してそっくりのサイトを作るだけの頭が固いコードしか書けない状態だと、その会社のルールに従ったコーディングはできない(わからない)かもしれません。

わからないのが悪いのではなく、わからないことを調べる方法がわからないと言うのが問題です。

何年も働いた人でも、新しい技術を求めてググって勉強します。
つまり、わからないことが問題ではなく、わからないことを自分で調べられない・本以外でどうやって勉強するのかがわからないのは正直致命的だと思います。

オススメの勉強方法

そしてオススメの勉強方法。

これは本を使うのもありですが、ネットを見ていてかっこいい!と思えるサイトをキャプチャします。

Chromeのプラグインなどを使えばページ全体のキャプチャが取れますので、PNGなどでキャプチャを取ります。

キャプチャを撮ったらPhotoShopでスライスして自分で全く同じサイトをコーディングします。
本来のサイトのコードは見ないで、まずは自分のやり方で考えながらコーディングします。

完成したり、迷ったりしたときは本家のサイトを見てコードの書き方を参考にしても良いでしょう。

そして、見本のサイトでわからないCSSはググって調べる。

働く男性
自分で調べる・調べ方を覚えることができるのも立派なスキルです。

大切なのは本の作業を丸暗記することではなく、現場のスタイルを覚えることです。
現場では、よりシンプルに、より美しく、コードを書きます。

クラス名の付け方やIDの名前の付け方も、色々なサイトを見てかっこいい名前を真似しましょう。
本の名前だとダサいのが多いです。

そのためには実務経験ゼロの人でも限りなく実務経験に近い経験が積める、キャプチャをそっくりコーディングするというのがとても良い練習になると思います。

そのサイトをnoindexにしてサーバーにアップしてポートフォリオの作品として使うのはありだと思います。

働く男性
他の人が作ったサイトをそっくり真似するというのを自己流で経験するのはとても勉強になります。

ただ、我流過ぎて変な癖がついてしまっても困りますので、作ったあとは見本サイトのコードと照らし合わせたり、コーダーの知り合いの人がいれば見てもらったりしたほうが良いと思います。

働く女性
我流過ぎて変な癖がつくのも困りますよので、答え合わせはちゃんとしたほうが良いですよw

自分はWebスクールの先生もやっていたので、ポートフォリオを作りたいけど作品がないという教え子に、キャプチャサイトを作って作品にしようと勧めました。

そしてポートフォリオはいろいろな人のポートフィリオをたくさん見て参考になる部分をかき集めて素敵なサイトを作りました。

働く男性
たくさんのサイトを見ることによって目が肥えてくるというのも大きなメリットです。自分で探すというのが大切です。
働く女性
コードをたくさん見る、ホームページをたくさん見るというのは良い経験よね。本だけの勉強では得ることができない現場のコードや流行のデザインや動きを感じることができるわね
サイトの制作練習でキャプチャを使う目的もそこにあります。

かっこいいサイトの探し方もわかるようになるので、自然と良いサイト悪いサイト、良いコード悪いコードが感覚的に分かるようになります。

何度も書いてますが、現場の空気を我流で体験できるオススメの方法です。

さらに沢山の情報を検索することで、自然とググる力も身につきます

未経験からフロントエンドエンジニアになるためには

未経験からエンジニアに転職するには

最初に業界に飛び込むのは未経験からだと大変であることには違いありません。
でも、誰でも最初は未経験から始まります。

ですが、上記のように少しでも現場の作業に近い方法で制作、わからないことばもググって少しでも業界用語を頭に入れておけば転職もしやすいと思います。

上に書きましたが、NGなのは本の知識だけで業界のことを知らずに挑むことです。

本だとそれ以上がありませんが、ネットにはそれ以上があります!

ネットには現場のクリエイターのブログや用語など旬な情報がたくさんあります。
それらを少しでも覚えて、体で体験して転職活動をしてみましょう。

すると、未経験という壁を崩すことができると思います。

自分の教え子も、北海道でお互いの仕事終わりのあとにフリースペースで週1回〜2回教えていたのですが、現場のコーディングをしっかりマスターして、東京で就職しました。

専門職の技術は女性なら結婚や育児の合間での在宅業務としても活かせるスキルというのもメリットですね。

エンジニアに興味の在る方はぜひ上記を参考に挑戦してみてください♪




▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ


PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA