業界未経験からエンジニアへの挑戦!身につけておくべきこと

業界未経験からengineerへの挑戦

今の仕事ではフロントエンドエンジニア(コーダー)とディレクター業を兼務でやっています。
どちらかといえばディレクター系の業務が多くて、必要に応じてコーダーという感じです。

今まではずっとコーダーやってました。

Webなどのクリエイティブな業界に興味のある人も多いと思いますが、最初は誰でも業界未経験。
その状態でどうやって業界に飛び込むのか、自分の失敗談を含めて準備したほうが良いことを書いてみます。

未経験=何も知らない(できない)ではない

 

業界未経験と、スキルゼロは違いますよまず、大きな勘違いをしてほしくないのが、業界未経験と何もできない未経験は全然意味が違います。

自分も面接やったことあるので、ハッキリ言ってしまうと!

業界未経験は歓迎ですが、技術面ゼロの未経験は出直しておいでって言います。

新しい世界に挑戦するんですから、我流でも良いから、少しでも経験を積んでその経験を実務に活かす。
それくらいの心構えがないと面接以前に書類選考で弾かれると思います。

自分がWeb業界に入るまでの過程をまとめていきます。
これからWebの世界やクリエイティブな専門職に挑戦する人の参考になればと思います。

準備ゼロの専門職はムリだと思っておいたほうが良い

自分が初めてWeb系の仕事に書類を送った時は本当にHTMLとCSSがほんの少しできる程度の技術でした。
書類を送ってもNGばっかり。バイトでさえも弾かれました。

ここで考えました。

このまま書類ばっかり送っていると、技術を身につければ受かるかもしれない会社をどんどん減らしてるのでは?と。
そこで考え方を変えました。

技術を身に着けながら活動をしようと。
自分への先行投資をしようと思いました。未来への投資です。

このまま落ち続けるくらいなら少し投資して、就職してその分を回収すればよいのです。

という考えに至り、社会人スクールに通うことにしました。

有名なところですと、デジタルハリウッドテックアカデミーヒューマンアカデミーあたりでしょうか。

デジタルハリウッド

デジタルハリウッド

デジタルハリウッドは自分も通ったスクールです。
Adobeソフトも当時はついていて、オンラインでも学校があればスクールでもどちらでも通うことができます。
Adobeソフトも1年分のライセンスが付いていますので、しっかり勉強することができます。

ソフトは受講料に含まれているというのが嬉しいですね。
受講料以外は基本的にかかる費用がないのかなと思います。

自分が経験した時の話になってしまいますが、課題で美容室のサイトをリニューアルしようというのがあり、実際にその美容室に言って話を聞いたり素材をもらったり。
ディレクター業に近い経験(実際の実務と同じ経験)もできました。

そして、完成した作品をプレゼン。
大勢の前でマイク持ってプレゼンも行う機会もありました。

Web系の仕事では企業に実際にプレゼンや説明を行うこともありますので良い経験になりました。

テックアカデミー

テックアカデミー

テックアカデミーは自分も経験がないスクールなので、サイト上からの口コミを引用させていただきます

実際似通った人の口コミを使わせていただきます。自分が通ったわけではないので、あくまでも参考にということで記載します。

どの学校もそうですが、メリット・デメリットがあると思いますが、口コミを見ているとデメリットと言うか甘えにもちょっと見えてしまったする自分がいます・・・。

E-Learningという言葉は30代前半以下の人たちは大学や高校で体験したことがあると思います。オンラインでカリキュラムを見ることができ、それに沿って自分のペースで学習を進めて行くことができるシステムです。

このシステム自体も導入され始めてから十数年が経過しており、かなり学習に特化したシステムとなっています。

 

オンラインのビデオ通話システムを利用して週に2回のメンタリングサポートを受けることができます。メンタリングサポートとは、メンターという現場でバリバリ働いている方が先生となり、その先生と様々な相談をする機会です。これは一回につき30分程度です。

 

カリキュラムの中であなたが将来的に作りたいサービスなどのアイデアがあればそれを形にすることができます。

そのサービスを就職する際には作品として提出することもできますし、カリキュラム終了後にさらに修正を加えてサービスを走らせることもできます。

メンタリングサービスの時にアイデアについての相談やアドバイスをもらうこともできます。

という口コミがあります。
メンタリングサービスを使って悩んでいることやアドバイスを貰えるというのは嬉しいですよね。

ただ、デメリット(といっていのかわかりませんが)の口コミもありました

テックアカデミーだけでなく他の学校でも同じですがわからないことについては繰り返し勉強する必要があります。

プログラミングに関してはわからない部分をそのままにしておくと後々に響いてくるのでわからない部分は確実に理解できるまでやり続ける必要があります。

 

テックアカデミーではチャットによる質問をすることができますが上記の対応時間外であれば自分で検索してやり方を色々と調べなければいけません。

しかし、これは逆にいいことでもあります。

なぜなら現場で働き始めると教えてくれる人はいないので今のうちから調べる力をつけておく事ができるからです。

その結果わからないという場合はチャットでサポートを受ける事で解決できます。さらに、どのサイトのどのページを見てやってみたなどと詳しく伝えることで、より詳細な答えが返ってくるので理解力がかなり深まります。

あまりデメリットにならないような気もしますが、上記のような意見がありました。

デメリットな意見は本当にデメリットなのか?

デメリットな意見は本当にデメリットなのかと言うと、自分はそうでもないと思います。

わからないことを自分で調べるのは当たり前で、何でもかんでも人に聞いてたら調べる力が身につきません。
それをデメリットにするのはどうなのかな~と思います。

働く男性
少しきつい書き方になるかもしれませんが、そういうのをデメリットにしている人は、その人自身がプログラミングに向いていなかった・言われたことしか勉強をせず自発的な行動がなかったという事があげられるのではないかと思います。

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー

こちらは上記とは少し違って様々な勉強を行うことができます。ユーキャンに近いかもしれません。

上記2校と比較するのはもしかしたらちょっと違うかもしれませんが、基本的にはパソコンの画面を見ながら自力で進めていくタイプの講座がメインのようです。

テックアカデミーと同じく、人から全部習いたいと考えている人にはもしかしたらちょっと不向きかもしれません。

エンジニアへの転職に向けて

engineerの転職に向けて

自分はデジハリに通って実際に近い業務を経験させてもらい、ポートフォリオを作ってWeb業界に入ることができました。

デジハリは講師の人がキチンと付いて教えてくれます。パソコンの画面だけを見ながらわからないところを聞くという仕組みではありませんでした。(今はわからないですが・・・)

はじめにも書きましたが、未経験というのは、業界未経験という意味であってスキルゼロという意味ではありません。
自分でできるところまでは自分で努力しないと新しい世界に飛び込むことはできません。

逆にWeb業界のような専門職は一度その世界に飛び込んでしまえば、キャリアを積んで他に転職しやすい業種でもあると言えます。
同じ業界内でキャリアアップを求めて転職する人も少なからずいるのではないかと思います。

エンジニアとして働くのであれば、最低限のスキルは身につけて作品を作れるレベルまではがんばりましょう。


スキルは・・・ありません!
ポートフォリオは・・・ありません!
簡単製作は・・・できません!

という状態は流石に難しいと思います。

スクールに通うとお金がかかると思う人もいると思いますが、それも未来の自分に対する投資です。
今使ったお金が将来の自分を作り上げるわけですから、使うべきところにはお金は使いましょう。

そのための貯金です!




▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ


PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA